MENU
ACHIEVEMENTS
HOME > ACHIEVEMENTS > 日本農業機械工業会 ジャパン・ブランド活動 インド展示会出展

日本農業機械工業会 ジャパン・ブランド活動 インド展示会出展

DATA データ

顧客・参加社
日農工JAPANパビリオン12社、METI
展開国
  • インド
期間
2011/12/8-2011/12/10
サービス種類
ミッション 商談会 展示会 

概要

インド最大の農業展示会EIMA Agrimac 2011において、日本農業機械産業を代表する12社が、ジャパン・パビリオンを出展しました。

成果

開幕初日からJapan Pavilionは予想を超える盛況に恵まれ、各ブースとも来場者数は数百人にのぼりました。
来場者には富裕農家も多く、実際に農業機械を扱っていることから、具体的な質問が相次ぎました。
賃金の高騰を受けて、農業の機械化に向けたインド農業関係者の興味が益々高まっている事を実感しました。
ケララ州政府担当官、インド農業局局長(Joint Secretary)S.K. G RAHATE,氏も来場いただき、インドでは一般的でない日本の農機に興味を示していただきました。
事業革新パートナーズは、ジャパン・パビリオンのトータルサポートを実施しました。
MAIL MAGAZINEメルマガ登録
E-mail 必須

関連事例

(一社)大阪金属プレス工業会主催「インド視察ミッション」事業
2017年2月8日~12日、(一社)大阪金属プレス工業会は公式行事として「インド視察ミッション」を実施。インドのプレス製造・金型製造の実態把握、また、インドについて見聞を広めることを目的に、マルチスズキ社をはじめとする日系自動車産業の集積地であるデリー・グルガオン・ニムラナ地区を訪問致しました。 事業革新パートナーズは、本ミッションの企画~訪問先企業選定~スケジューリング~通訳~同行を担当。参加企業7社(7名)+弊社1名の総勢8名で、3泊5日という短い滞在期間中に、現地日系企業4社およびローカル企業2社の工場視察、JETROによる勉強会、インド金型工業会主催の国際金型会議2017・懇親会、有識者をお迎えしての夕食会と、タイトなスケジュールをこなしました。 インドならではの工場立上げの苦労話、従業員モチベーションアップの工夫など、日本人駐在員の奮闘努力ぶりを伺うとともに、日本企業と遜色ないローカル企業の生産技術力を目の当たりにし、現地に行ってこそわかる情報を収集することができました。 事業革新パートナーズは、今後も”足を使った”情報収集の場を提供することで、皆様のお役に立てると良いと思っております。 訪問先(日系):マルチスズキ社、ジーテクト社、今仙電機製作所、ニムラナスチールサービスセンター(日鉄住金物産)、JETROニューデリー事務所 訪問先(ローカル):Horizon、JBM Group、International Tooling Summit 2017(国際金型会議2017)懇親会
展 開 国
  • 日本
  • インド
サービス
ミッション
年月別 アーカイブ
CONTACT US

If you are interested in having business with Japanese companies or any international related business, please kindly send us your inquiry via email or phone