MENU
UPDATED INFORMATION
HOME > UPDATED INFORMATION > 下請適正取引改善に向けた独自のアクションプランを策定します

下請適正取引改善に向けた独自のアクションプランを策定します

2016年9月に発表された「未来志向型の取引慣行に向けて」(通称:世耕プラン)を機に、政府・業界団体による下請適正取引改善に向けた動きは、各業界へと広がりを見せています。とくに中小企業の多い素形材産業においても、2017年3月に「素形材産業取引ガイドライン」が改訂され、その後、素形材センターを含む9団体により「自主行動計画」が策定されました。

これにより、日頃から㈱事業革新パートナーズがご支援させていただいている素形材分野では、下請適正取引推進・普及の素地が整ったと言えますが、現場の皆様のお声を聴きますと、まだまだ取引状況は改善の余地が大いにあると感じております。

こうした現状を打破するために、㈱事業革新パートナーズは、(一社)東京都金属プレス工業会と協同で、適切な取引を行うための情報収集、整備方法や、取引先との連携・協調のための資料提供方法を具体的に示した独自のアクションプランを策定することに致しました!

弊社は本取組みを通して、素形材産業界における取引状況の実質的な改善を目指し、定着のためのフォローアップ活動を行ってまいります。

AUTHOR PROFILE

NAHOKO ISHIZAKI

NAHOKO ISHIZAKI

In her previous job, Ishizaki was working in the packaging field for international business and was an English Instructor. As a member of ISO International Standardization Sub-Committee, she was engaged in promoting the compliance of international standardization packaging for environmentally friendly, elderly and special needs community. Ishizaki joined the company hoping to give close support for the clients’ overseas development by utilizing her experiences in international business communication and translation-interpretation experiences. Currently she is conducting research and support for business mainly in Mexico and India. Her aim is to continuously provideing solutions for clients while giving a special care to what is said on fieldbased on their voices.

CONTACT US

If you are interested in having business with Japanese companies or any international related business, please kindly send us your inquiry via email or phone