MENU
お客様の声 CLIENT VOICE
ホーム > お客様の声 > 昭和精工 代表取締役社長 木田様

昭和精工 代表取締役社長 木田様

インタビュー

  • 昭和精工 代表取締役社長 木田様
  • ×

BIPC: 本日はインタビューにご協力頂きまして誠にありがとうございます。昭和精工様は弊社から「海外営業ご支援」、「国内営業改善ご支援」をさせていただく形で、2012年より長い付き合いをさせて頂いております。本日は弊社との取り組みに対して率直なご意見を頂ければと思います。

 

海外の展示会場で羽織袴を着て日本の金型メーカーのパンフレットを1ブース1ブース配ってくれる姿を目にしました。
その熱意に絆されたことが、依頼した本当のきっかけかもしれないですね。

BIPC:最初にお聞きしますが、BIPCと昭和精工・木田社長はどのように出会ったのでしょうか?

木田様: 私の講演会に、代表の茄子川さんが聞きに来られた時に名刺交換をして、その際に「金型業界を応援したい」と声を掛けられ、その時からの付き合いになります。

BIPC:金型業界を支援している企業というのは、他にお聞きになったことがありますでしょうか?

木田様:工作機械メーカーなど金型業界に関わった方がコンサルタントをされているのは聞きますが、これまで大手商社に在籍し、金型とは無縁だった茄子川さんが「日本の金型を応援したい」と言われたのでこちらも興味を持ちました。

BIPC:昭和精工様からBIPCに最初にご支援を依頼いただいた背景を教えていただけますでしょうか?

木田様:昔の話なので忘れてしまいましたが・・(笑)私が(一社)日本金型工業会東部支部の若手経営者の会である天青会に所属していた時のことです。狭山金型の大場社長と共に日本の金型を海外に広く紹介する活動を行っている中で、茄子川さんが商社出身ということで、海外とのビジネスに対するノウハウを持っているのではないかと考えて、海外展開支援を依頼したことがBIPCさんと活動を行う最初の機会でした。支援の内容は、主に商談会のコーディネートなどです。

BIPC:御社の当時の海外展開状況について状況をお聞かせいただけますでしょうか?

木田様: BIPCさんと出会ったときは、基本的に売上のすべてが国内でした。海外に対して必要性は感じていましたが、実際には何もしていない時代でした。ただ、お客様は昭和精工の金型を国内で購入して海外工場に輸送し、海外生産を行っているので、今後はお客様の金型現地調達化が進んで当社の受注が減少してしまうのではないか、という危機感が生まれました。そのため、海外展開を考え始めました。

BIPC:その中で、弊社に支援をお任せいただく前に懸念があったと思いますが、当時どう思われていたかご記憶されている範囲で教えていただけますでしょうか?

木田様:「営業支援」のような費用対効果がすぐに表れないサービスに対し、「本当に仕事をお願いしていいのか?」という不安がありました。そんな時に茄子川さんが、天青会の商談会が行われる海外の展示会場で、羽織袴を着て熱心に日本の金型メーカーのパンフレットを1ブース1ブース配ってくれる姿を目にしました。その熱意に絆されたことが、BIPCへ当社の海外展開支援を依頼した本当のきっかけかもしれないと思っています。

BIPC:そこでBIPCであればやってくれるのではないか、という期待を抱いていただけたということでしょうか?

木田様:一緒に汗をかいてくれるのではないか、という期待を持ちましたね。

123

COMPANY PROFILE 会社概要

昭和精工株式会社

代表者:代表取締役社長 木田成人
所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦1-4-2
創業:1954年(昭29) 1月
主な業務内容:精密プレス金型、精密樹脂金型等、金型の設計製作、精密治工具、自動化機器、専用機の開発、設計製作

MAIL MAGAZINEメルマガ登録
E-mail 必須
お問い合わせ CONTACT US

海外進出や事業戦略でお悩みの方はまずはお電話、メールにてお気軽にご相談ください。