MENU
更新情報 INFORMATION
ホーム > 更新情報 > 【金型・素形材】経済産業省事業:型管理適正化シンポジウム資料が公開されました。

【金型・素形材】経済産業省事業:型管理適正化シンポジウム資料が公開されました。

事業革新パートナーズは、2019年度、経済産業省・素形材産業室の委託事業として「型管理適正化の加速化に向けた調査」を行いました。その一環で、2020年3月4日には「型管理適正化シンポジウム」に、4名の講師と60名の参加者をお迎えし、地域・業種を超えて、型管理に関する取組やノウハウを学ぶとともに、オープンディスカッションを予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染懸念から中止と致しました。

その後、経済産業省・素形材産業室と協議をし、講師のみによる座談会ライブ配信、座談会通信等の代替企画を考えましたが、「3密」回避の必要から、講師の方々にご協力をいただき、講演資料を読んでわかる資料へと変更していただきました。

本日、経済産業省のニュースリリースにて、資料が公開されましたので、ここにご紹介いたします。

経済産業省ニュースリリースはこちらをクリック

資料① 「型管理に関する取組報告」株式会社 昭芝製作所
資料② 「型管理に関する取組報告」株式会社 秋葉ダイカスト工業所
資料③ 「型管理に関する取組報告」景山産業 株式会社
資料④ 「明日から使える型管理適正化マニュアル」株式会社 事業革新パートナーズ

<弊社資料:「明日から使える型管理適正化マニュアル」 抜粋>

 

2019年12月、経済産業省より、「型取引の適正化推進協会報告書」(金型取引に関する新ルール)が公表され、親事業者の皆様も本格的に型管理への取組が始まっています。発注者・受注者間のコミュニケーションも開始され、型廃棄、保管料の支払いも徐々に進んでいます。

事業革新パートナーズは、この流れをサプライチェーン全体に浸透させるためにも、引き続き型管理適正化活動に取り組んでまいります。

執筆者プロフィール

石崎 奈保子

石崎 奈保子 - イシザキ ナホコ -

前職では包装分野の国際業務と英語講師業を兼務。ISO国際標準化分科委員会に所属し、環境対応包装、高齢化障がい者配慮包装の国際標準化対応の推進に従事。これまでの国際ビジネスコミュニケーション、通訳・翻訳経験を活かし、密着型でクライアントの海外展開サポートを行いたくBIPCに入社。入社後は主にメキシコ、インドを中心に進出支援、調査業務の実績を持つ。今後も現場の声を大切に、顧客の課題解決に取り組みたい。

お問い合わせ CONTACT US

まずはお電話、メールにてお気軽にご相談ください。